農林漁業世帯の消費支出

農林漁業世帯の支出の内訳は家計支出、貯蓄・投資・返済、農林漁業支出・農林漁業外支出・租税が主な内訳となります。家計支出は食品、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服及び履物、保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽、その他の消費支出などからなります。食品などは変動の激しい生鮮食品などの変動によって支出の額は大きく変わることとなります。住居にかかるお金は不定期でその都度必要に応じてかかります。保険医療も病気などしたら大きくかかることとなります。貯蓄・投資・返済はその時の経済情勢によって大きく変動することとなります。景気のいい時はやはり投資の支出は増加しやすいです。農林儀業支出に関しては道具の新しい買い替えやメンテナンスの状況によって大きく変動することとなります。ガソリン代については為替状況やエネルギー価格の変化に大きく影響を受けることとなります。農林漁業というのは経費が大きくかかるものです。いくら景気が悪くても収入を得るためには経費をそれほど削減することはできませんのでその分景気が悪い時は他の支出は削られる傾向にあります。この世帯の支出状況は景気の良し悪しに大きく左右されることとなるのでする

コメントは受け付けていません。